私たちが普段「髪の毛」と呼んでいる部分は、毛幹といって、頭皮という土壌から生えてきた木の幹のようなものです。
豊かな土壌があるからこそ、美しくて健康な髪の毛が育つのです。
髪の毛が作られるのは、毛根の下の方にある毛球です。
この毛球が包み込んでいるのが毛乳頭で、そこが毛細血管から酸素や毛髪の原料となるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどの栄養素を取り組んでいます。
そして、毛乳頭から栄養を受け取った毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、髪が成長していきます。

ヘアサイクル(毛周期)とは?

ヘアサイクルとは、髪の毛の一生のことを指します。
1本の毛が生えて、抜け落ちるまでの周期は4〜6年。
そのヘアサイクルは、4つのステージに分けられます。
・初期成長期(発生期)
・成長期
・退行期
・休止期
初期成長期(発生期)
古い毛髪が抜け、新しい毛が生えてくる
成長期
毛髪全体の85~90%がこの段階です。
毛母細胞の分裂が活発で、どんどん髪の毛が成長していきます。
退行期
毛母細胞の分裂が弱まり、髪が毛乳頭から切り離されようとする時期。
休止期
毛母細胞の分裂が止まる。
髪が自然と抜け落ちていく。

薄毛・抜け毛対策のために生活を見なおそう!

成長期が短くなり、毛が産毛のように細くなったり、薄くなったりするケースがあります。
また、休止期の期間が伸びて、次の毛が生えてくるまで時間がかかる場合もあります。
太く豊かな髪を手に入れるためには、生活習慣を見直すことが大切です。
・栄養バランスの良い食事
・血流をスムーズにする
・きちんと睡眠をとる
美しい髪を生やすためには、土台となる頭皮にまできちんと栄養が行き渡っていなければなりません。
必要な栄養素に関しては、以下の記事を参考にしてくださいね。
せっかく良質の食事を摂っていても、それが頭皮にまでスムーズに運ばれなければ、意味がありません。
栄養を全身に運んでいるのが血液です。
ですから、血行を良くすることが、美髪につながるのです。
血行を促進させるには、有酸素運動をしたり、お風呂に入るなどして、体を温めることが大切です。
体の冷えは不健康のもとにもなりますので、日頃から体温を上げることを意識しましょう。
質の高い睡眠をとることで、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌量が多くなります。
午後10時〜午後2時までがゴールデンタイムなので、深い睡眠をとるためにも、早めに就寝することを心がけましょう。